ニュース一覧

財産を残しながら借金整理

貯金箱

手続きは弁護士に依頼

個人再生のメリットは、債務整理の手続きの中で借金帳消しになる自己破産を除いて一番借金大幅減額ができる手続きです。借金が膨れ上がってしまった理由は問われず、住宅や車を手放す必要がないので家族や会社にバレずに手続きできます。自己破産であれば、車を処分して住宅を本人名義で所有しているのであれば、競売にかけて処分をしなければなりませんが、日常生活に必要なものは残しておくことができます。さまざまなメリットがある個人再生ですが、当然デメリットも存在します。個人再生に限らず、債務整理をしてしまると信用情報機関に事故情報が登録される、いわゆるブラックリストに登録された状態になりますので、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることが5年〜10年はできなくなります。そして、官報にも氏名と住所が掲載されてしまします。ここで注意しなければならないのは、ブラックリストになると当然借入れは難しくなるのですが、官報への掲載も一般の人であまり目にする人はいないので、気にすることはないのですが、官報に掲載された情報を元に闇金などがブラックでも借りれますといた営業をかけてくる業者も一部にありますので注意が必要です。また、個人再生を利用するには安定した収入が条件です。自己破産のように借金が無くなるわけではなく借金は残りますので返済をするために継続した収入が必要です。そして、手続きですが煩雑で個人では対応困難です。弁護士に依頼することで手続きを代行してもらえます。