ニュース一覧

司法書士の行える範囲

財布

弁護士は制限なしで代行

個人再生の手続きを自分一人で行う人は非常に少なく、法律の知識も必要で、この手続きにかけるだけの時間的余裕がなければいけませんし、手続きも複雑なので専門家のサポートが必要です。個人再生の手続きを依頼できる専門家となると、弁護士または司法書士のどちらかになります。司法書士に個人再生を依頼をするメリットは、裁判所に提出する必要のある書類の作成、再生計画案や申し立て書類の作成を行ってくれます。個人再生の申し立て手続きには、いくつか段階がありその都度準備する書類も必要になるので司法書士が書類を作成してくれるだけでも非常に助かります。ここまでは弁護士も同様に書類作成を代行してもらえます。しかし、弁護士にできて司法書士にできないことがあります。それは裁判官とのやりとりです。個人再生は申立の書類提出や裁判官との面接のために何度か裁判所に出廷しなければならないのです。弁護士に依頼すると、代理人として裁判所に出廷してくれるので相談した本人は裁判所に行く必要がなくなります。ところが司法書士は、裁判所で法定代理人となる権限を任意整理は持っていますが個人再生は持っていませんので、裁判所への出廷や裁判官とのやりといは相談者本人が行く必要があります。それ以外にも裁判所からの連絡や書類の受け取り、送達もすべて自分で行います。弁護士であれば、すべての法律案件に対応していませので、すべての手続きを代行してもらえます。