ニュース一覧

二人三脚で問題を解決

電卓

過払い金の返還請求も可能

裁判所が弁護士への相談を勧めているのが、個人再生です。裁判所への申し立ては自主的に行わなければならず、煩雑な書類作成が必要です。上手くできない場合には不認可となる可能性が極めて高く、安易に申し立てをしてはいけません。裁判所が弁護士への相談が妥当と言っているように、弁護士のサポートを受け個人再生の申し立てをしましょう。弁護士に依頼することで、すぐに督促が止まるのは大きな魅力です。債権者が受任通知書を受け取ると、債務者への直接の督促が不可能になります。毎日鳴り止まない電話に怯える必要がなくなり、ゆとりを持った気持ちで個人再生の申し立てができます。また、申し立てを行うと、返済義務が一時的に免除されます。より気持ちにゆとりが生まれるのは嬉しい限りです。過払い金が発生していないか確認できるのも、弁護士に相談するメリットです。利息制限法に基づく引き直し計算には、専門的な知識と多大な労力が必要です。必要書類を取り揃えるだけでも、目がくらむほどの手間がかかります。この手間をかけずに引き直し計算ができる上に、過払い金返還請求まで弁護士に依頼が可能です。個人再生だけでも借金額が大幅に減額されますが、過払い金返還請求をすることで借金額をさらに減額できます。個人再生は、司法書士に依頼することでも申し立ては可能です。しかし、司法書士は再生手続の代理人とはなれないため、裁判所や再生委員事務所への出頭はお一人でしなければなりません。それに対し弁護士は代理人となり、常に一緒に行動を共にしてくれます。