ニュース一覧

二人三脚で問題を解決

電卓

しっかりと準備を行わなければ不認可となるのが、借金額が大幅に減額される個人再生です。弁護士への相談を裁判所は推奨しており、まずは気軽に相談しましょう。依頼後は督促がすぐに止まる上に、多大な手間がかかる引き直し計算をスムーズに行えます。

詳しく見る

借金に対応する

女の人

借金の支払いが苦しくなった時は弁護士に個人再生を依頼すると効果的です。弁護士に依頼することで、貸金業者の督促がストップして精神的に楽になることができます。個人再生を依頼する弁護士事務所を選ぶ時は、料金体系や債務整理の経験の豊富さなどを知ることが大切です。

詳しく見る

借金が大きく減額

相談

個人再生は、任意整理と同様に利息制限法以下の金利に引き直し再計算し本来の借金額を求め、そこからさらに財産を処分する等して大幅に減額させる手続きです。自己破産と違って、借金を作った理由は問われずに手続きできます。

詳しく見る

財産を残しながら借金整理

貯金箱

個人再生は、借金が任意整理以上に大幅に減額できる手続きです。借金の理由も問われませんが、手続きは非常に複雑であり裁判所へも出廷しなければなりませんので、個人で対応するには困難です。弁護士依頼がおすすめです。

詳しく見る

司法書士の行える範囲

財布

個人再生は、司法書士に依頼して対応してもらうことができますが、書類の作成(再生計画案、申立書類)しか手伝うことができないです。裁判所への出廷や面談、書類の受け取り・送達はすべて自分で行う必要があるので、弁護士であれば代行してもらうことができます。

詳しく見る

借金を減らす選択肢

ウーマン

家を手放さず借金免除

多額の借金を抱えた人が真っ先に思い浮かべるのは、自己破産の四文字ではないでしょうか。けれども自己破産はあくまでも債務整理手続きの一形式です。債務者再生のためには他にも様々な手続きがあります。その一つが、個人再生と呼ばれているものです。個人再生とは、借金減額を目的とした債務整理手続きの一つです。借金額のおよそ1/5を、3〜5年の分割で返済し続ければ、残りの借金を免除してもらえるという仕組みになっています。手続きは裁判所を介して為されます。たとえば1000万円の借金がある人なら、個人再生手続き中に支払う弁済額は1/5の200万円となります。この額を原則3年、特別な事情が考慮されれば最長5年の間に返済すれば、残りの800万円は免除されます。個人再生の一番のメリットは、マイホームの所有権を残したまま手続きが出来るという点です。自己破産のようにすべての所有財産が処分の対象となることはなく、住宅ローン特例という制度を利用することで、現在居住している不動産については所有し続けることが出来るのです。一定期間借金の返済をし続けることが前提となっているので、個人再生の手続きが認められるためには、ある程度の返済能力のあることが必須です。また、裁判所へ手続き申請するための費用もかかり、煩瑣だというデメリットは確かにあります。収入源のある方で、多額の借金を抱えている場合には、個人再生は非常に有効な債務整理手続きとなります。営業職等で接待費の負債が積もってしまった方、ローンや子供の学費等で多額の借金を抱えている方は、ご検討されてはいかがでしょうか。